天日干しにこだわり、手延べにこだわり、健康食を目指した新しい素麺へ

電話:0879-82-2740

FAX:0879-82-6014

facebook

新着情報

新着情報

2021年8月17日 干し椎茸でめんつゆレベルアップ!(『小豆島セレクト』のご案内 第3回)

小豆島に暮らす人にとって、「箭木(やぎ)椎茸園」さんの干し椎茸は、

ちょっと特別な一品です。

ぷりっと肉厚で食べ応えがあり、料理に加えると「いつも食べてる椎茸じゃない!」とすぐに分かるくらい、美味しい椎茸です。

昨年末は干し椎茸でとったダシをベースにめんつゆをつくり、年越し蕎麦をいただきました。

人生で一番美味しい年越し蕎麦になりました!

昨年、初めて箭木さんの椎茸に出会ってから、私はすっかりファンに😁

(どうやら私が知らなかっただけで、みなさんご存じでしたが…)

 

5代目の箭木槙也さんは、栽培はもちろん、お客様により美味しく食べていただけるよう、

レシピの開発にも力を注がれています。

本日は、そんな箭木さん直伝の方法で、干し椎茸でダシをとってめんつゆをつくってみました。

まず冷水に干し椎茸を入れ、5時間かけてゆっくり戻します。←これが一番大事!

火をつける30分前にイリコ(煮干し)と昆布を加えます。

 

強火で加熱し、沸騰したらすぐ弱火にして、10分加熱します。

椎茸、イリコ、昆布を濾し、醤油・みりんを加えて完成です!

手延べ蕎麦を特製めんつゆでいただきます!

やはり干し椎茸のダシベースのめんつゆは美味しいです。

5時間ゆっくり時間をかけているためか、椎茸の旨みと甘みがしっかりとめんつゆから感じられます。

砂糖由来でない、自然な甘さが優しい味わいになっていて、

何杯でも箸が進みます😋

 

干し椎茸はダシをとるだけではもったいない。

丸ごと、余すことなく味わってこその箭木さんの干し椎茸です。

ダシをとった後の椎茸を短冊切りに。

つくったばかりのめんつゆを加えて、水分がなくなるまで煮詰めます。

椎茸、イリコ、昆布の旨みが凝縮された「椎茸の佃煮」、完成です。

その日の夕飯の一品になりました😊

 

めんつゆをお客様ご自身でつくる場合は、ぜひ干し椎茸を試してみてください。

その際は手間を惜しまず、「5時間」です!

「箭木椎茸園」さんの干し椎茸を食べてみたい!という方は、弊社までご連絡ください。(0120-274-039)

素麺・おうどんとのセットもお取り扱いしております。